コーティングの量産作業

連続的なコーティングの量産作業を行う前に必ず事前テスト作業が必要です。 ドラムコーティングをする部品及び材料は弊社の専門家達の厳しいテストや確認作業を必要とします。

1. 適合性テスト:

  • 部品の材質
  • 部品の形状及び寸法(最大 150mm)
  • 部品の表面状態
  • 部品の単重(最大 20g)
  • 適用範囲
  • その他顧客からの要求条件

2. 目標価格:

目標価格を算定するためには最低1リトル程度ヴォリュームの部品が必要になります。(参考:最終価格確定は初期サンプルの検討後打合せできます。)

3. 量産前のサンプル作業:

顧客が弊社のサービスを活用することを決めた場合、弊社は量産前のサンプル作業を提供しております。 量産前のサンプル作業のためには最低7〜10Lヴォリュームの部品が必要になります。 普通10日以内でコーティングサンプルが提示される同時に量産コーティングに対する提案ができるようになります。

均一な量産品質を確保するためにはシステムに対する技術的な細かい事項と量産条件に関する入力条件をすべて文書化することになっております。

4. サンプルコーティング作業後の量産注文

許容誤差以内の一定な量産品質を維持する為には Special Coatingsは文書化作業条件により作業を行っております。 量産品質の維持をするためには提供される機材部品にも特別な変更がないことが前提条件となります。

顧客は機材部品の変更、即ち材料、生産条件など一連の変更事項がある場合には通報をする義務があります。 これはとても小さい変化によってもサンプルと同一な結果が出ないことがあるからです。

Bitte um Rückruf

Callback

Loading...