ドラム方式の小形部品コーティング - MADE IN GERMANY

ドラム方式の小形部品コーティング

SC-Coater ® はプラスチック、金属、セラミック、ゴム材質の小形部品をコンピューター制御ドラムコーティング方式の加工システムです。 これらのシステムは大量に生産される小さい部品のコーティングに対して現存している最適なスプレーコーティングシステムです。 SC-Coater ®は全自動で作動するスプレーガン及び特許技術である赤外線放射システムにより省エネルギーを実現したスプレーコーティングシステムです。

密閉されたチャンバーから化学薬品ガスの漏れを最低限にした状態で加工が進行され、排出ガスシステムも SC-Coater ® の大切な安全コンセップトです。 環境にやさしい統合フィールターシステムは残りの塗料が外部に漏出されることを徹底に防止できるように設計されております。

SC-Coater ®に内装されているコントロールユニットはすべてのパラメーターをモニタリングして必要に応じて簡単に変更できるとても優れたシステムです。これは工程の再現性確保と共に安定な連続生産のコーティング品質を保障してくれます。

SCの薄いコーティング薄膜技術は最低5µmのコーティング厚さを実現しております。 これは部品のブラシ加工やサンディング加工、文字の凹凸加工などを綺麗に生かすことができます。

高効率のコストパーフォーマンス

高品質と高効率は従来の一般コーティング方法と比較してSCコーティングシステムの強力なメリットの一つです。

塗料コストの節減 SC-Coater ®のコーティング効率は90〜95%と言えます。 これは5〜10%程度の塗料のロスが発生するとの意味で従来の一般塗装ラインの50%以上の塗料損失とあまりにも比較できるメリットになります。

     

省エネルギー 加熱電力は工程により自動調整され、不要なエネルギーの損失が極めて無いように正確に管理されます。 これは従来の塗装工程と比べてとても高いエネルギー効率を達成することができます。

     

人件費のセーブ コーティング工程は完全自動で管理されております。 又別当の追加治具コストも要求されておりませんので、コーティングする部品をドラムに充填するだけで作業は簡単に行われます。

     

空間効率の極大化 SC-Coater®のコンパックトな構造は狭い空間で十分に設置可能です。 ドラムを充填して取り出す過程もあまり空間を必要としておりません。 その他追加的なメリットの一つは爆発防止用の安全ルームも必要としないことです。

     

簡単、単純な作動技術 SC-Coater®は特に小形部品のコーティングにおいて従来の自動表面スプレーシステムやロボットスプレーシステムの作動技術と比べてとても単純、明瞭な作動技術により稼働されるために稼働の為の長い教育時間や教育のコストを必要としておりません。

     

短い工程時間 システム内でコーティングと同時に乾燥が行われるために別当の追加乾燥工程は不要です。 当然工程時間は短くなるでしょう。

     

別当の追加工程不要 コーティング部品のすみすみまでコーティングが綺麗にのります。 よく工程の完了後不足部分をやり直ししている従来コーティングの問題をかなり解決しております。

管理コストの節減 設備システムのすべての部品は安定性と長い寿命が報奨できるように設計されております。 基本的に維持補修活動は客先の管理のみで十分できます。 別当にSC coatingsとの維持補修契約を締結する場合は特別な管理サービスも提供しております。

SC-COATER

テクニカルデータ:

寸法:約 3 x 3 x 3 m
重量:約 1500 kg
パワー:32 A Cekon socket with 3-phase AC current, 400 V and 50 Hz
パワー消費:約  8 kW
ヒーターoutput:4.5 又は kW, sensor-controlled
エアー:Compressed air connection with cleaned compressed air  Druckluftanschluss mit gereinigter Druckluft
Minimum pressure :6 bar (max. 10 bar)
air volume :approx. 60 - 120 m3/h
ラム稼働容量:機材容量60 liter以下
充填重量:max. 180 kg

??????????

コントロールユニット

 コントロールユニットは SC-Coater®の核心技術です。 入力作業は6インチタッチスクリーンによりできます。 又自社開発のユーザーインタフェースはWindows® 運営体系にて運営され、各々のパラメーターを指定したり、セーブしているデータを呼出しすることで再現性やコーティング安定性の効率を保障しております。 .

安全管理 SC-Coater®は常に作業者の安全を最優先で保障できるように設計されております。 知能形安全システムとモニタリング機能により作業者の危険を事前に予防しております。

乾燥工程 統合されている IRランプはコーティング用部品の温度を最適状態まで調整する同時に乾燥の機能を行っております。 これらの工程はコントロールユニットとIRセンサーにより自動管理されます。

スプレー技術 必要により一つ又は二つのスプレーガンを使用することができます。 そして噴霧形態、噴霧圧力、速度などを必要の条件に合わせて制御することが可能です。 又多様なノズルサイズも選択できます。 このすべてはコントロールユニットを経由して制御することになっております。 

塗料管理ユニット 弊社の設備は加圧タンクと精密秤が装着されている専用ラッカーキャビネットを使用することになっております。 これはSC-Coater®の換気システムとつながっておりソルベント塗料のガス漏出を抑えて、適正な安全性を保障してくれます。 特別なカバーリフトメカニズムなどが適用されており圧力タンクの充填及び洗浄の際安全で衛生的な作業ができるようなっております。

回転ドラム コーティングドラムはリフトクレーンにて設置又は分離することができます。 ドラム側面の形状はコーティングする部品がよく流れて連続的に回転することができるように設計されております。ドラムの材質はステンレスでドラムのドライブモーターは周波数変換器により制御されます。主に使用する機材部品によっては2タイプのドラム選択が可能です。

環境に対する考え 空気排出システムは SC-Coater®の安全コンセップトの一つです。 バックタイプのフィルターは環境にやさしい空気濾過ができるようになっており、ドラムハウジングを常に一定なマイナス圧力にて維持できるようにしてくれます。 これはドラムハウジングから塗料成分が空気中に漏出され作業者が危険に露出されないような役割をします。

生産品質管理及び工程管理 システムそのものの工程管理プログラムが量産工程作動中に安定的な精密作業や品質モニタリングを常に維持するようになっております。 完全なSC-Coater®システムはドイツのみで製作可能です。 弊社は外注で作られる一個一個の部品に高い信頼性の管理基準を適用しており、すべての空調及び電気部品も最高の安全管理、品質管理標準規格をクリアされたものだけが採用されます。

作業工程の柔軟性 SC-Coater®は完全自動システムまで拡張が可能な設計となっております。 これはコーティングをしようとする部品が SC-Coater®に自動的に供給可能ですし、別当の連動装置の追加により全自動プロセスも可能に設計されているとの意味です。

Bitte um Rückruf

Callback

Loading...